日常生活でのお金の分野の考え方としては、貯蓄をしながらある程度の運用できるお金を貯めるまでは、お金の基本を学ぶということが重要になります。

生活をするための節約術

日常生活の蓄財とお金の流れ

生活をするための節約術 日常生活でのお金の分野の考え方としては、貯蓄をしながらある程度の運用できるお金を貯めるまでは、お金の基本を学ぶということが重要になります。それも、投資の方法ではなくて、お金の流れ方です。お金自体は感情も意思もありませんが、その背後に人間の欲があります。お金の流れを知るという意味は、その背後のお金を動かそうとしている人たちの心理を学ぶということになります。これを理解せずに、表面的なそれぞれの投資方法のテクニックだけを学んでも効果がでません。

ある意味ではゼロサムゲームであり、騙し合いというところもあるのが投資です。それは、相手のお金が減れば、自分のお金が増えるからです。自分が失ったお金は誰かが増やしています。そして、その背後には、能力のある人たちが動かしているわけです。ですので、お金に関しては、扱う人たちとの心理戦でもあります。ですのでお金の意味を知る必要があります。

それを理解せずに、一攫千金の投資をしてしまうと、すべてを失ったり、それ以上の借金をしてしまったりします。そしてお金は怖いとか、ある投資でも、その投資が怖いとかという感想になりますが、結局は、お金のことを本当に意味で理解していなかったという結果になります。日常生活ではお金で泣いたり、騙されたりもしますが、結局はお金を甘く見たり、理解が足りなかったという結果です。